駐日代表公邸で台湾産高級魚「ハタ」の販売促進プロモーションと台日商談会が開催

駐日代表公邸で台湾産高級魚「ハタ」の販売促進プロモーションと台日商談会が開催

写真左より翁章梁・行政院農業委員会副主任委員、謝長廷・駐日代表、白須敏朗・大日本水産会会長

翁章梁・行政院農業委員会副主任委員

謝長廷・駐日代表

 行政院農業委員会(日本の農林水産省に相当、以下、農委会)、駐日代表処、中国生産力センターの主催で12月5日、東京・白金台にある駐日代表公邸において、「台湾高品質 ハタ料理 推進試食プロモーション」と台日商談会が開催された。この中で謝長廷・駐日代表は、日本では台湾産養殖ハタ(石斑魚)があまり流通していないことに言及し、これは輸入量が少ないことと食べ方がわからないことが原因だと説明し、今後、日本のニーズに応じ、駐日代表処も輸入拡大に支援していく考えを示した。

 台湾産「ハタ」の日本販売促進をサポートしている農委会からも翁章梁・副主任委員(副大臣)が、台湾の水産業者6社を伴い来日し、あいさつの中で、「台湾の養殖技術は世界的に有名であり、ハタの生産量は世界の20%を占めている。安心、安全を基に責任をもって生産し、世界の模範となっている」とアピールした。さらに、ハタの出荷には、急速冷凍技術を使用し、天然物に近い味と食感を保っていることも強調した。

 当日は「一般社団法人大日本水産会」の白須敏朗・会長をはじめ、日本国内で大規模なチェーン展開をしているレストランやスーパーの関係者らも出席し、白須会長は、「台湾産の高品質なハタは栄養価も高く、コラーゲン、高級感もあり、日本人の心を掴むものと確信している」とエールを送った。

 現在、台湾でハタの養殖生産量は約2.6万トンあるが、日本への輸出量は約60トン程度である。この日の会場ではビデオによる説明も行われ、養殖環境面では水質、水温の管理に留意し、汚染ゼロの環境で安全な品質を重視していることなどが紹介された。

 この日の会場では、タマカイ(龍膽)とヤイトハタ(青斑)の2種類のハタが紹介され、中華風と洋風のハタ料理が実演されたほか、2種類のハタのそれぞれの特性を活かした刺身、煮物、鍋物、蒸し物、炒めもの、スープなど合計12種類の和洋中の料理の試食会も行われた。訪れた日本の業者らでいっぱいとなった会場では、ハタに関する質問や交流が熱心に行われた。

ハタ料理の実演

«2016年12月5日»